賃貸の物件に入る際|魅力的なデザイナーズ賃貸物件を探すポイント

魅力的なデザイナーズ賃貸物件を探すポイント

男の人

賃貸の物件に入る際

アパート

敷金と礼金の有無に注意

賃貸住宅を借りる時に、敷金とか礼金という言葉を聞くことがあります。この敷金とか、あるいは礼金というのは、具体的にどんなものでしょうか。まず敷金ですが、家賃のおよそ2か月分が相場で、退去時に戻って来るお金です。ただし全額戻ってくることはほとんどなく、大抵は退去時のクリーニングや修復など、いわゆる原状回復にその一部が当てられ、その残りが戻ってくることになります。一方礼金の方は、やはり大家さんに納めるお金で、こちらも家賃2か月分程度が相場になっています。ただしこちらは戻って来ません。また敷金とは異なり、礼金は地域によって、金額にばらつきがあることもあります。最近では、入居者を増やすため、空き物件を少なくするなどの理由から、礼金を廃止する大家さんもいます。

敷礼なしの物件の注意点

また礼金と同様、敷金も廃止される賃貸住宅も増えて来ました。この2つが無いと、契約時に払う初期費用がかなり少なくなるため、以前に比べると、お金があまりなくても賃貸住宅に入居できるケースもあります。ただし敷金がない場合は、退去時のクリーニング費用などを、自分で支払うことになりますので、その点には注意しておきましょう。敷金や礼金がない賃貸住宅の一例として、フリーレントというシステムがあります。これは入居してから1か月ないし3か月ほど、家賃が無料になるシステムです。ただしこの場合も、契約期間内に退出すると、違約金が高いこともあるので注意しましょう。契約期間いっぱい住む予定で、当初はあまりお金がないというような場合には、このフリーレントはお勧めであるといえます。